3/08/2018

“音楽活動の始まり”についての考察

前回“経験値”の事を書いたので今回は“初期”の思い出を…

オギャ~と生まれて五十余年。

ロックに目覚めたのが小6の頃。

ギターを弄り始めたのが中1の頃。

そして曲を作り始めたのが中3の頃。

その中3から高校に上がる頃…
音楽仲間達音源を残すべく作業を始めた。


チームに命名なんぞしてみたり…

録音方法をあれこれ考えてみたり…

資金のない中機材をかき集めたり…


まあスッタモンダありつつ一応作品を残すに至った




MONOMANIA(モノマニア) is :
Masafumi Hashiba (Gt,Key,Pac,Vo)
Satoru “Bonzoh” Kawaguchi (Bs,Dr,Vo,Gt,Pac)
Keiichi Amamiya (Vo,Pac,Gt)

All Lyrics Music by : MONOMANIA
Recording date : 1978~1980

#1.黒猫

#2.散乱

#3.我々は人類

#4.愛の住人

#5.バケツ行進曲

#6.虫の組曲


78年頃~80年頃の間、英語教材のLLレコーダーに始まり、最終的にテープデッキ2台繋いでのピンポン録音で落ち着いた。
“虫の組曲”など、その間に作っては録り溜めて最終的にテープ編集して仕上げているので、我々の中じゃむしくみな~んて略しちゃったり。

「今日むしくみどうする?何か良いの浮かんだ?」

…みたいな。

何はともあれ当時の音を聴いていると、作業中の経緯なんかの思い出が蘇る。
未熟な歌詞や曲でも、今聴く事で何気に勉強になったりもする。
無邪気な時代が自分的には一番輝いてる気がする。

…ますます おかしな経験値 を控えたくなる(笑)